アニメ、ノベルゲームのレビュー的な感想的な何かを中心にだらだらと書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

彼岸花の咲く夜に 第一夜 ちょっとした感想

[同人PCソフト]彼岸花の咲く夜に 第一夜
[同人PCソフト]彼岸花の咲く夜に 第一夜

07th Expansion最新作!

そこまで期待してなかったんですけど、思っていた以上に普通に面白かった。
「学校」、「いじめ」をテーマにしたこの作品。 結構痛々しい話も多い。
現状のそういった問題に対しての風刺的な印象も感じる。
前作うみねこはアニメっぽい絵柄でしたが、影に黒ベタを使うことでまた違った絵柄になってるのもいいね。
短編集ということで、区切りよく読み易いのもGOOD。

一言で言うと竜騎士07が贈る、「世にも奇妙な学校妖怪物語」と言ったところか。

各話について簡単なコメントを。

※以下、ネタバレ有り。
第1話 めそめそさん
この物語の導入部分と言ってもいいお話。
主人公?の毬枝があまりにも不条理な運命に弄ばれ、殺されてしまう。
そして妖怪として生きて行くことに…って本当に導入部分というか、この話はほとんど事実しか書いてなかったようなw

第2話 心霊写真機
真実を写すカメラによって、何気ない日常の裏には世にも恐ろしいことが行われていたことを知ってしまう。
妖怪達の狩りで狩られた人間のことは情報操作でその人の存在自体を無かったことにされてしまう。そのため誰も気が付かない。気付けない。

妖怪となった毬枝と彼岸花のバトルシーンが良かった。この画像だけじゃ上手く伝わらないけどw
higanbana01.jpg

第3話 お姫様の嘘
いじめられっ子のお姫様が紅茶紳士に願った願いとは?
救われねぇ…。

第4話 鎮守神さまの祠
霊感少女のちょっと行き過ぎた行動に本物の妖怪が諭すお話。

…おいテメェw

higanbana02.jpg

第5話 ハメルンのカスタネット
周囲を見下していていじめられた厨二病少年のお話。
彼はそのストレスを飼育係として育てていたうさぎにぶつけていた。
そんなときに出会ったハメルンという妖怪。その妖怪は人間を動物に変えてしまうという能力を持っていて…。

第6話 とある少女の一日
どんな不幸なことがあっても前向きに生きていく少女のお話。
そんな彼女の正体は…。

第7話 ユートピア
仲が良く、一致団結してまとまったクラスはユートピアと言えるかもしれない。
だが、いじめによってクラスが一つにまとまることも果たしてユートピアと言えるのだろうか…?というお話。

この話にはいじめっ子を生み出し、そのいじめから養分を得るという妖怪が登場…。ただ単にそいつを倒しても解決する問題じゃなかったので、どういう締め方をするのか展開が読めなくて期待していたのですが…ちょっと残念だったかも。毬枝に頑張って欲しかった><

このシーンは鳥肌がやばかったな…。めそめそさん恐ろしい。
higanbana03.jpg



曲は例のごとく高水準。 ↓の曲は世界観の雰囲気とマッチしすぎててヤバイ><





というわけで適当ですが、こんな感じっすね。
竜騎士の文章はクセがありますが、それが良さでもある。
ただ一つ、まだよくわからないのは彼岸花の真意。彼女は毬枝によると天邪鬼らしいけど…どうにも第一夜だけでは何ともいえない感じかも。
なんとなく、彼岸花は学校妖怪達のパワーバランスを司っているような印象も受けました。出過ぎた事をした妖怪達にストップをかけるような。

少なくともハズレでは無いはずなので、07th Expansionが好きならプレイする価値あり。

彼岸花の咲く夜に (富士見ファンタジア文庫)彼岸花の咲く夜に (富士見ファンタジア文庫)
竜騎士07,さくやついたち

富士見書房
売り上げランキング : 285855

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事

[タグ未指定]
[ 2011/09/14 05:23 ] ノベルゲー レビュー・感想 同人 | TB(0) | CM(3)
あれ?…期待してなかったけどすごく面白そうw
第二夜で第一夜収録に期待。
[ 2011/09/14 07:44 ] [ 編集 ]
店頭PV見たけど曲は相変わらず良かったw
[ 2011/09/14 21:26 ] [ 編集 ]
返コメ
>>ATさん
むしろ何も期待してなかったからこそ面白く感じるのかもしれませんw
2に1を収録…ってのはどうでしょう。うみねこなんかはep1、ep2、ep3はCDケースで発売されて、ep4で一纏めとしてDVDケースで発売された流れから考えると…(彼岸花は最初からDVDケースで発売)。

>>がらいさん
主題歌もいいですね。
並の企業のゲームより遥かに曲の質は高い。
[ 2011/09/15 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ゆと

Author:ゆと
自由に適当に。だけどやることはちゃんとやる。がモットーです。嘘です。

ここ最近忙しくて更新落ち気味ですが、来てくれた方にマジで感謝!

ブログ以上にフリーダムなTwitterもやってます。

Xbox360
FC2カウンター
カテゴリ
人気ページ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
416位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム
ご意見、ご要望等あればこちらに。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。