アニメ、ノベルゲームのレビュー的な感想的な何かを中心にだらだらと書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幻創のイデア~Oratorio Phantasm Historia~ レビュー的な感想的な何か

幻創のイデア~Oratorio Phantasm Historia~【Amazon.co.jp限定 オリジナルポストカード付】

★★★☆☆

シナリオ:C
テキスト:C
音楽:B
グラフィック:B
キャラ:A
萌え:B
演出/システム:C
感動:C
エロ:B
総評:77

むず痒くなるような厨二ゲー。
ただ、自分には合わなかったのでやや低めの評価(´・ω・`)

【ストーリー】
7年前に起きた“ナグルファルの夜”という現象。
同時に巨大な空間の裂け目が発生し、二次災害をもたらした現実。
……その日から夜空には“オーロラ”が現れるようになった。

かつてこの国の首都と呼ばれた部分は地殻変動の影響を受け大打撃を受けたが、
都市機能の中枢を担う町ごと移動させ、その機能の回復は順調に進み
今や7年前とほとんど見た目が変わらない程までに復興を成し遂げた。

都市としての機能を取り戻した“新市街”に住む主人公。
まだ爪痕を残す“旧市街”に住む主人公。

二人の偶然に見える宿命の出会いが、この先に待っている数奇な運命を繰り広げていく。

伝奇厨二バトルサスペンス。

プレイヤーは全く個性が異なる二人の主人公の視点からナグルファルの夜から始まった数奇な運命を追っていくことになる……のだが、終盤までは完全に別々のルートを歩むことになる。
複数主人公特有の視点の違いによる一つの物語の見え方の差を楽しむ要素はそこまで強くないかな。

シナリオとしては確実に優真<赫という評価。
優真ルートはなんだか読んでてモヤモヤするし、引き込まれなかった。
リノンの人格統合もなるの復讐劇も「これ書いた人本当に面白いと思ったのか?」と思ってしまうほど。
とは言え赫ルートがすごく良いというわけでもなく、ノベルゲー平均程度と言ったところなのでなんとも評価がし難い。

グランドエンディングもなんだかパッとせず……。
ハッピーエンドはいいにしても、ヒストリアを倒す時の描写がバトルADVを名乗ってる割には淡泊で燃える展開にならなかったり、結局マスターが無駄死に過ぎたり…等、不満点が多い。
ルージュ戦も「は?」と言いたくなるほど妙な決着だった。

ただ、全員集合で和気あいあいとした集合写真エンドは嫌いじゃない( ・`ー・´)
140409_213316.jpg

【テキスト】
優真ルートの方は中学生が考えたんじゃないか?というような痛々しいテキストが脳を蝕んでいく。
「超最強」「超最凶」「超最狂」とか^^;
なるの厨二台詞もグサッとくる。

それに対して赫ルートは平和な上にそこそこ面白いテキスト。
ズレまくってる赫の言動、ご主人LOVEで他にはとにかく冷たいノエル、トラブルメーカーひまわり、紅茶オタク美月の4人はバランスが取れてて良かった。

特に美月の紅茶トークでノエルが屈したことで絶妙な力関係にしたのが巧いと思う。
140407_221959.jpg

赫とひまわりの会話も微笑ましくて大変よろしい。
140323_204935.jpg
140330_130405.jpg

バトルパートのテキストはかなり残念。
「なんとかなるッ!」で済ませてしまっている部分も多々あるし、そもそもバトルをあんまりしてなかったり…。
リノンの脳内バトルや零二とのバトルなんかは、戦ってはいるけどスカッとする感じの勝利じゃなかったのも物足りなさの要因。

【キャラクター】
ゲーム内時間が七日という短い期間なこともあり、チョロイン大発生!
ただヒロインの魅力は本作で最も評価できるところ。

なる ★★★☆☆
140323_012540.jpg
厨二病チョロイン。ややメンヘラ?
うぜぇ~!という照れ隠しが可愛い。
しかしあまりのチョロさに違和感しか感じなかったけど、エロいから良いか。

リノン ★★★★☆
140410_213624.jpg
唯我独尊アイドル様。小悪魔リノンが最高><
個人的には初めて出会ったタイプのキャラクターで新鮮だった。
リノン様のチョロインっぷりは一応牢主との無意識下の繋がり的なものが理由の一つみたいなのでわからなくもない。
3重人格設定は無くても良かったんじゃないかな?(ぉ

ノエル ★★★★☆
140409_171541.jpg
巨乳毒舌ドSでヤンデレ。ソラァ!!
青葉りんごさんの声もあってか素晴らしくエロい。あとおっぱい。
キャラクターとしては最初はやや暗めの雰囲気かな?と思いきや結構ノリノリだったりキレたら怖かったりツッコミまでしたりと引き出しも多い。
キャラクターとしては本作ではリノンと並ぶ魅力的なキャラクター。

美月 ★★☆☆☆
140409_175100.jpg
見た目はいいけど中身はフツー。
紅茶オタク設定は良かったけど、個性が強いキャラクターが多い中では空気のような存在だった。

ココロ ★★★☆☆
140415_202503.jpg
「とりあえず儚い感じのヒロイン入れておけば伏線っぽくなっていいだろ?」的なノリでとりあえずヒロインに入れたものの、実際動かそうと思ったら想像以上に動かしにくいキャラクターだった…みたいな制作の裏側が垣間見えるようなキャラクター。
とってつけたようなえっちシーンがその証拠^^;
まぁ見た目はとっても魅力的。

【グラフィック】
全体的なグラフィックとしては並程度。絵柄はクセも少ないため割と万人受けすると思われる。
特にキャラクターの立ち絵は非常に良い。逆に立ち絵以外の動きのある描写はバトル物としてはちょっと弱かったかな、とも。

【演出/システム】
演出面ではそこまで面白味は無い。
バトルパートはちょっと頑張ってる感はあるが、10年前の作品であるFateと比べても見劣りするのは現代の厨二バトル物としてはどうなんだ?と思ってしまうところ。

システムはルートジャンプ機能が特筆すべき機能ではあるが、単純に2ルートありますよーってだけなので大したものでもない。
残念なのはタブレットによるタッチ操作がやり難い点くらいかな。

【音楽】
主題歌の「イノセンス」とOHPで流れる「赤極光」に惹かれて買ったような部分もあって、BGMはそこそこ良い。
「時満ちる刻」や「日々の裏へ」、「Girl's Ambitious」などが好き。

【エロ】
シーン数はヒロイン当り4(ココロは3)と標準程度の量だが、シーン内容は薄め。
ただ、魅力的でえっちなキャラクターと豪華声優の補正もあり、個人的には結構実用可能なレベルだった。

個人的に評価したいのは、この手のゲームでありがちなエロシーンが終盤にしか無い、なんてことがなく途中途中でシーンを挟んでくれたこと。
シナリオ的には出会って数日でえっちはちょっと…と感じてしまう所でもあるが、エロゲ―としてはこれは正解だと思ってる。
まぁそのせいで優真も赫も結局誰が好きなんや!!ってなってしまったわけだが。。。

【総評】
シナリオ面とバトル面が個人的にガッカリだったのでやや厳しめの評価になってしまったが、それ以外の要素は及第点といったところで、全体としてはギリギリ良ゲーの位置に入るんじゃないかと思われる。
ガッカリだった点についても、人によっては良く感じるのかもしれない(結構評価されているゲームなので…)。

ガッカリゲーという評価は取り下げないけれど、それ以外の要素…特にキャラクターの魅力は他のゲームには中々無いものだと思うので、キャラクターに惹かれたならば買って損はしないはず。
とりあえずむず痒くなるようなテキストが大好きなら是非ともプレイして悶絶してみて欲しい^q^

【キャプチャー】
クサい台詞なんだけど赫が言うとカッコいい。
140403_015948.jpg

ひまわりと赫の微笑ましいシーンからのーw
140406_204547.jpg
140406_204552.jpg

赫は本当にいい主人公だった。優真はただの噛ませェ…(´・ω・`)
140409_204807.jpg

エピローグではなるルートが一番好き。
140409_220935.jpg

困惑のノエルん可愛すぎやー><
140410_214736s.jpg


関連記事

[タグ未指定]
[ 2014/04/15 21:05 ] ノベルゲー レビュー・感想 エロゲ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

ゆと

Author:ゆと
自由に適当に。だけどやることはちゃんとやる。がモットーです。嘘です。

ここ最近忙しくて更新落ち気味ですが、来てくれた方にマジで感謝!

ブログ以上にフリーダムなTwitterもやってます。

Xbox360
FC2カウンター
カテゴリ
人気ページ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
366位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム
ご意見、ご要望等あればこちらに。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。